よくある質問 : よくある質問

[ PC版TOP ]

よくある質問

2013/03/04

※各タイトルをクリックして頂くと回答がご覧になれます

倫理に関するご質問

♦「倫理法人会」とは?
この組織は、創始者が永年の研究によって発見、体系づけた「純粋倫理」を企業経営に取り入れ、企業の活性化と明朗な職場づくり、経営者の自己革新と経営理念の確立を目指して設けられました。
「企業に倫理を!職場に心を!」のスローガンのもと、社会に貢献し、確かな繁栄を築く、活力ある企業を目指した「心の経営」のネットワークが多くの経営者に支持をされ、全国に拡がっています。当会は、まずトップが純粋倫理を学び、変わることによって、社員や社風を変え、健全な繁栄をめざしています。
昭和32年、倫理研究所広報部が中小企業を対象にした指導を始め、これが現在の法人会活動の前身となりました。
昭和55年、全国に先駆けて千葉県倫理法人会が設立されたのを皮切りに、各地に波及し、現在、47の都道府県倫理法人会に加え、683ヵ所に市・区単位の倫理法人会を設立。会員数は60,000社にのぼります。(平成22年8月末現在)


♦倫理と宗教の違いは何ですか?
宗教は神仏と人の関係を説き、人間のあらゆる悩みを救済しようとするものですが、倫理は、人が二人以上一緒に暮らしていく上での「すじみち」を示し、人間社会を幸福にしようとするものです。
一言でいえば「心持ち」の学び人間関係を見つめる学びともいえるでしょう。
ですから、教祖や教典もなく、会員がどんな宗教に属していても全く自由です。


♦倫理を勉強するとどう変わるのですか?
親、祖先、また大自然によって生かされている自分に気づき、すべてのものに感謝の念を抱けるような謙虚な気持ちが湧いてきます。
中心的な心がとれ、わがままを消し去り、純情(すなお)な気持ちで生活ができるようになります。


入会に関するご質問

♦入会するにはどのようにしたらよいですか?
入会申込書及び会費の口座引落し書に必要事項を記入していただきますと(毎月20日〆)翌月からのご入会となります。
詳しいことは、幹事役員や、事務局に直接ご連絡頂くか、メールやファックスでお問い合わせ下さい。


♦入会する条件や資格はありますか?
倫理法人会の趣旨に賛同し、活動に参加する意志のある北海道内の企業、事業所、団体及び個人です。


♦どんな方たちが入会しているのですか?
倫理をベースにした異業種交流会の場として、さまざまな職業、幅広い年齢層の多くの企業人が参加しておられます。


♦入会するとどんなメリットがありますか?儲かりますか?
それは、その人の心掛け次第です。
企業の、或いは企業人としてのあるべき姿を学び、自らの間違いに気づき、正しい実践をしていくうえで本人が変わり、周囲が変わることで状況も好転していきます。入会して倫理を学んでも、本人の自覚や努力、実践が伴わなければ何も変わらないでしょう。
明るく前向きな姿勢で物事に対処していれば、自ずと事業も発展するものです。「儲け」の漢字は、「信+者」との組合せにあるように信じるに足りる人間力を身につけることと実践の結果として後でついてくるもの、とお考えください。


♦会費はどう使われているのですか?
毎月払う1万円(一口)の会費は各倫理法人会の運営に充てられるほか、本部からの講師招聘や、「職場の教養」購読料、各種講演会やイベント費用等に使われます。


♦退会したい時はどうしたらいいですか?
「ご入会頂いた、単位法人会事務局(電話番号は単会事務局のページ参照)までご連絡下さい。入会先単会不明の場合は、紹介者へ連絡願います。


活動に関するご質問

♦倫理法人会の主な行事・活動はなんですか?
1.「倫理経営講演会」
全国の倫理法人会が年に1度開催するスケールの大きい講演会です。
倫理研究所の研究員による講演と法人会員による事業体験の発表などで構成されます。
2.「モーニングセミナー」
週1回、朝の6時から1時間開かれるモーニングセミナーは、倫理法人会の中心的活動で、意気揚揚と朝のスタートをきるための集まりです。
3.「職場朝礼研修」
企業の活性化を図るには、朝のスタートが大切です。一日の始まりに際して、明るく朗らかな挨拶で社員の士気を高揚し、心をあわせるには毎朝の「職場朝礼」が欠かせません。
4.「経営者の集い・倫理経営講演会」
経営者が共に学び、語り合う場として設けられたものです。倫理研究所の研究員をはじめレクチャラーや様々な講師を招いての講演会や勉強会を通し、互いに刺激を受けながら自己研鑽を図ります。
5.「各種ボランティア」
各地域の倫理法人会で、親睦や交流を図るために様々なイベントを企画、運営しています。特に、倫理研究所が力を入れている地球環境の美化等に関して熱心な取り組みが行われており、地域の清掃奉仕をはじめ、各種ボランティア活動に積極的に参加しています。様々な講師を招いての講演会や勉強会を通し、互いに刺激を受けながら自己研鑽を図ります。



♦モーニングセミナーでは、どんなことをするのですか?また、出席することによって得られる効果は何ですか?
年に数回、本部から研究員をお招きし、倫理指導という無料経営相談を開いています。秘密厳守の個人相談ですので、経営のことから家庭のことまで、何でも相談可能です。
また、定期的に朝礼研修を行い、富士高原研修所よでのセミナーや、現地セミナーも開催しています。さらに、本部の研究員を会社へ招聘し、個別にご指導いただくこともできます。


♦「職場の教養」という本は、どんな内容のものですか?
当会の特長として、企業での朝礼をお勧めしております。
企業の活力の源は朝のスタートから社員どうしが心を一つにする事。
そんな朝礼で活用されている冊子が『職場の教養』です。
社員の心得、自己啓発、世相、健康、時事問題など、幅広い分野にわたるテーマを1日1つ取り上げて1ヶ月分にしたもので、現在では毎月160万部が会員のもとに届けられています。


♦会員に対する具体的な指導はどのようにしているのですか?
年に数回、本部から研究員をお招きし、倫理指導という無料経営相談を開いています。
秘密厳守の個人相談ですので、経営のことから家庭のことまで、何でも相談可能です。
また、定期的に朝礼研修を行い、富士高原研修所よでのセミナーや、現地セミナーも開催しています。
さらに、本部の研究員を会社へ招聘し、個別にご指導いただくこともできます。


♦社員教育などもやってもらえますか?
会員企業の社員さんであれば、当会主催の行事の参加は、もちろん、朝礼研修をはじめ、現地セミナーや、倫理研究所の教育施設である富士高原研修所での各種セミナーを受講することができます。
また、本部の研究員を会社にお呼びして、独自に指導していただくこともできます。


♦忙しくて会に参加できない時があっても大丈夫でしょうか?
もちろん大丈夫です。ただし、夜の経営者の集いの場合、懇親会の準備等がありますので、事前に出欠のお返事をいただいております。


♦会の中で営業活動はしても構わないのでしょうか?
倫理法人会は、純粋倫理を正しく学び、実践する会です。セミナー・講演会などでは、物品販売など商行為、宗教・政治活動の勧誘などの行為は固く禁止されていますので、ご理解下さい。


♦会員以外でも参加できる行事はありますか?
毎朝の勉強会や全国で行われる講演会も含めて、どなたでも参加できます。
参加したからといって、無理な会員勧誘や書籍販売などはいたしません。どうぞお気軽に、最寄りの地域の行事にご参加ください。


[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
Copyright © 北海道倫理法人会
powered by WebBoard